創立125周年記念行事

創立125周年記念行事イメージ

日時

2022 年6 月18 日(土)~ 6 月19 日(日)

会場

ロームシアター京都

スケジュール

6 月18 日(土)

10:00
~ 12:00
OB・OG講演会「アスリート魂~勉学とスポーツ、そしてその先へ~」
場所:サウスホール
12:00
~ 18:30
創立125 周年記念アカデミックマルシェ
場所:ローム・スクエア
13:00
~ 14:00
創立125 周年記念式典
場所:メインホール
14:30
~ 17:30
創立125 周年記念フォーラム
場所:メインホール

6 月19 日(日)

10:00
~ 16:00
京都大学アカデミックデイ2022~創立125 周年記念~
場所:サウスホール、ノースホール、プロムナード 等
13:30
~ 16:30
体育会学生主催イベント「京大体育会、まるごと魅せます」
場所:サウスホール
14:00
~ 16:00
創立125 周年記念音楽会
場所:メインホール

行事概要

※一般の方も参加できるイベントもあります。イベントごとの対象、申込方法等の詳細は後日お知らせいたします。

OB・OG講演会「アスリート魂~勉学とスポーツ、そしてその先へ~」

 オリンピックやプロスポーツの世界で活躍した経験を持つ京都大学体育会の卒業生による講演会です。
 京都大学と聞いてスポーツを連想されることはごくまれですが、本学出身者にはスポーツ界で活躍された方々が少なからずいます。本イベントを通して、京都大学出身のアスリート魂を感じていただけるよう、学生時代に文武両道を求めて部活動にどう取り組んだのか、その経験がどのように今の生き方につながっているのかについて語っていただきます。

創立125周年記念アカデミックマルシェ

 展示や体験を通じた研究の紹介や、本学出身の方々が活躍されている企業による限定商品の販売など、一般の方々にも“マルシェ”として楽しく、気軽に参加いただけるイベントです。
 「京都大学の研究は難しそう」というイメージを払拭できるような、見た目にわかりやすく、身近に感じられるものを中心に紹介します。企業ブースでは、ここでしか買えない限定商品「125周年オリジナル商品」を販売予定です。研究や商品を通じて京都大学を身近に体感いただけます。

創立125周年記念式典・創立125周年記念フォーラム

 京都大学内外の関係者をお招きして実施する祝典と、京都大学にゆかりの深いノーベル賞受賞者による講演やパネルディスカッションを行うフォーラムです。
 自由の学風のもと研究大学としてその歴史を刻んできた京都大学は、日本人初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹博士をはじめ数多くのノーベル賞受賞者が輩出しています。本フォーラムはそんな京都大学ゆかりのノーベル賞受賞者に、ご自身の研究はもちろん、学生時代の思い出や若者へのエールをお話しいただく貴重な機会です。オンライン配信も予定しています。

京都大学アカデミックデイ2022 ~創立125周年記念~

 2011年度から開催している京都大学名物イベントの125周年スペシャルバージョンです。生命、宇宙、教育、環境、思想、材料、社会などさまざまな分野の研究者が自身の研究について市民と直接対話する本イベントは、本学で取り組む研究分野の広さと深さに触れられる機会です。パネルや小道具、何より熱のこもったトークを駆使して、可能な限りわかりやすく興味を持ってもらえるように工夫が凝らされた中で“ 対話” を楽しんでいただけます。

体育会学生主催イベント「京大体育会、まるごと魅せます」

 京都大学体育会に所属する現役学生が企画・運営するイベントです。体育会に所属する全55団体による部活紹介動画の上演と実演、社会で活躍されている体育会の卒業生と現役学生による座談会を開催します。
 京都大学体育会は広くなじみのあるサッカーや野球に加え、ボートや馬術、自動車、グライダーなど個性あふれる55もの部活動によって構成されており、本学創立以来、初めて全部活動が一堂に会します。現役学生たちの熱気を“まるごと”感じ、楽しんでいただけるイベントとなっています。

創立125周年記念音楽会

 京都大学出身の音楽家と京都市交響楽団の共演による記念コンサートです。
 創立125周年を迎える京都大学と、古都の文化創造の担い手として創立され65 年の歴史を持つ京都市交響楽団。京都という土地で育まれてきた両者に、京都大学の卒業生をはじめゆかりの音楽家を加え、125周年を華やかに祝うとともに、本学がお世話になっている方や市民の皆様にも楽しんでいただける音楽会として開催します。

京都大学基金へのご寄付のお願い京都大学基金へのご寄付のお願い

人材育成を中心とする記念事業への取り組みや、
未来に向けて“京大力”を磨き続けるための運用原資として、
京都大学基金への寄付を募集しています。

↑↑