京都大学のあゆみ

  1. 1897(明治30年)

    • 京都帝国大学創立

      1897(明治30)年6月18日、勅令第209号が制定され、京都帝国大学が創立された。高等教育機関進学者の増加、日清戦争後の産業の発展などが創立の背景にあった。最初は理工科大学(理学部と工学部の前身)が置かれ、次いで法科大学(法学部の前身)、医科大学(医学部の前身)、そして文科大学(文学部の前身)が置かれた。創立当初の学生数は47名、教官数は9名であった。

      京都帝国大学創立イメージ

      正門と本館。本館は、現在の時計台の位置にあったが、1912年に焼失した。

    • 理工科大学設置

      1897(明治30)年、京都大学創立とともに理工科大学(理学部と工学部の前身)が設置された。最初に置かれたのは土木工学科と機械工学科であった。理科と工科を一つにまとめたのは、経費節減を考慮しただけでなく、基礎と応用を一体化させたいという狙いもあったとされるが、1914(大正3)年には理科大学と工科大学に分離した。

      理工科大学設置イメージ

      理工科大学第1回卒業生と教官たち(1900年)。後ろに見えるのは図書館。

  2. 1899(明治32年)

    • 法科大学設置

      1899(明治32)年、法科大学(1919年法学部と改称)が設置された。設置当初の法科大学は、既設の東京帝国大学法科大学とは異なった教育システムを採用した。学生・教員相互の啓発を重視したゼミナール制や、卒業論文を導入したほか、科目選択の自由度も拡大して学生の自発性の喚起に努めた。こうした制度は当時のドイツの大学にならったものと言われている。

      法科大学設置イメージ

      法科大学東大講堂。儀式場としても使われた。

    • 医科大学・附属医院設置

      1899(明治32)年、医科大学(1919年医学部と改称)が設置された。京大創設計画が具体化した当初は、医科大学のみ大阪に置く案が有力だったが、京都側が誘致運動を展開して京都設置を実現させた。また同じ年に附属医院(1949年附属病院と改称)が開設され、診療が開始された。医科大学・附属医院は、他分科大学に比べいちはやく拡充の道を進み、キャンパスが整備されていった。

      医科大学・附属医院設置イメージ

      医科大学正門から北をのぞむ(1910年頃)。中央の南北を貫く道は現存している。

      医科大学・附属医院設置イメージ

      附属医院本館。

    • 附属図書館閲覧開始

      1899(明治32)年、附属図書館の閲覧が開始された。海外も含めて各所から図書を購入し、また寄贈の依頼も行い、開館時には和洋合わせて5万冊以上の蔵書数となっていた。京大の図書館は、学生にも書庫内の検索や書籍の貸出を許可するなど開かれた制度を導入し、実現はしなかったが一般への公開も考えられていた。なお、最初の建物は1936(昭和11)年に焼失し、現在の建物は1984年開館の三代目である。

      附属図書館閲覧開始イメージ

      中央が設置当初の附属図書館閲覧室。右奥に書庫が見える。左に建っているのは尊攘堂(現存)。

  3. 1906(明治39年)

    • 文科大学設置

      1906(明治39)年、文科大学(1919年文学部と改称)が設置された。創立期の文科大学は、人材登用のユニークさに特色があり、新聞界から内藤虎次郎(湖南)、文壇より幸田成行(露伴)を招き、帝国大学選科(特定の科目のみ受講)修了の学歴しかない西田幾多郎も呼び寄せた。教授と学生との間の自由な討議も活発で、「厳めしい帝大」ではなく「近代的な寺子屋」で学んでいる感じを受けたと当時の学生は語っている。

      文科大学設置イメージ

      1909年竣工の文科大学研究室。文科大学独自の建物としては最初のもの。

  4. 1914(大正3年)

    • 理工科大学、理科大学と工科大学に分離

  5. 1919(大正8年)

    • 法・医・工・文・理の各分科大学を学部に改称

      1919(大正8)年、大学についての包括的な法令である大学令が施行され、初めて公立・私立大学が認められるとともに、従来の分科大学は学部に改称された。京大でも、この年4月に法・医・工・文・理の各分科大学が学部に改称された。他にも、この時期の大学にはさまざまな改革が実施され、9月始まりだった学年暦が4月始まりとなった(1921年)ほか、教授の停年制も導入された(京大では1923年)。

      法・医・工・文・理の各分科大学を学部に改称イメージ

      大学院入学宣誓式の様子(1928年)。当時は学生が1人ずつ宣誓簿に署名した。

    • 経済学部設置

      1919(大正8)年、経済学部が設置された。帝国大学においては、当初経済学関係の講座は法科大学に属していたが、東大ではこの数年前から独立の動きがあり1919年4月に経済学部が置かれ、京大もそれに続いて翌5月に独立が実現した。設置当初の講座数は8、最初の入学者数は106であった。

      経済学部設置イメージ

      1916年竣工の法学部経済学部研究室(現在の法経済学部北館の場所)。経済学部は法学部と建物を共用した。

  6. 1923(大正12年)

    • 農学部設置

  7. 1925(大正14年)

    • 時計台竣工

  8. 1933(昭和8年)

    • 滝川事件

      1933(昭和8)年、滝川幸辰法学部教授の著作・講演などがマルクス主義的であるとされ、文部省より休職または退職を求められた。法学部の教官は、このような政府による学問研究への介入があると真理の探究という大学の使命が果たせなくなるとして、これに抗議して総辞職を表明、結局専任教官33名のうち滝川を含む21名が京都大学を去った。

      滝川事件イメージ

      法学部教官の総辞職表明を伝える新聞記事。

  9. 1936(昭和11年)

    • 田島直人(1936年3月経済学部卒)、ベルリンオリンピックで金メダル獲得(三段跳び)

  10. 1940(昭和15年)

    • 学旗・学歌制定

  11. 1943(昭和18年)

    • 学生の徴集猶予停止(「学徒出陣」)

      1943(昭和18)年10月、それまで認められていた高等教育機関在学者の徴集猶予が停止され、文科系を中心とした学生たちは陸海軍に入隊することになった。京都大学からも、このとき2000名近くの学生が入隊した。その後、敗戦までの間にも学生の入隊は続き、京都大学からは戦争の期間中4700名を超える学生が入隊し、264名が学生の身分のまま戦死したことが判明している。

      学生の徴集猶予停止(「学徒出陣」)イメージ

      農学部グラウンドで行われた出陣学徒壮行式の後、正門を出る学生たち。

  12. 1946(昭和21年)

    • 最初の女子学生入学

  13. 1947(昭和22年)

    • 京都帝国大学を京都大学に改称

  14. 1949(昭和24年)

    • 新制京都大学発足

      戦後の教育改革によって、六・三・三・四制といわれる新たな教育制度が導入され、1949(昭和24)年5月、新制の国立大学が一斉に発足した。京都大学も、第三高等学校と戦時中に置かれた附属医学専門部を包括して新制大学としてのスタートを切った。一般教育も開始され、京都大学は宇治と吉田に分校を設置してこれに当たることになった。

      新制京都大学発足イメージ

      京都大学吉田分校。第三高等学校の跡地に置かれた。1954年に教養部と改称した。

    • 教育学部、分校(のち教養部)設置

    • 湯川秀樹、日本人初のノーベル賞受賞(物理学)

  15. 1950(昭和25年)

    • 宇治分校開講(1回生の授業実施)

  16. 1960(昭和35年)

    • 薬学部設置

  17. 1969(昭和44年)

    • 大学紛争

  18. 1984(昭和59年)

    • アメリカンフットボール部、ライスボウル(日本選手権)優勝

  19. 1992(平成4年)

    • 総合人間学部設置

    • 大学院重点化の開始

      1991(平成3)年の大学審議会の答申を受けて、国立大学の一部で大学院を体系的に整備する大学院重点化が始まった。大学院を高度な専門教育を実施する組織として学部から独立させ、学部に所属していた教官の所属を大学院へ移すことで予算措置が講じられた。京都大学ではまず1992年法学部で大学院重点化を実施し、翌年以降、医学部、工学部と続き、1998年の教育学部をもって終了した。その結果、各研究科の入学定員は修士課程・博士後期課程ともに大幅に増加し、博士学位取得者(課程博士)の著増が認められるようになった。

  20. 1993(平成5年)

    • 教養部廃止

  21. 1997(平成9年)

    • 創立百周年記念事業を実施

  22. 2003(平成15年)

    • 大学院工学研究科、桂キャンパスへ移転開始

    • 百周年時計台記念館竣工

      京都大学創立百周年記念事業の一環で、従来の本部本館に大規模な改修工事が行われた。学術交流の場、社会への情報発信の場として生まれ変わることが目的で、正面の外観は残しつつ、北側に設けられていた法経第一教室は全面ガラス張りの百周年記念ホールになったほか、国際交流ホール、歴史展示室やショップ、レストランなども置かれた。最新の免震構法も取り入れられ、名称は百周年時計台記念館と定められ2003(平成15)年に竣工した。

      百周年時計台記念館竣工イメージ

      さまざまな式典が執り行われる百周年記念ホール。

  23. 2004(平成16年)

    • 国立大学法人京都大学発足

  24. 2006(平成18年)

    • 京都大学同窓会発足

      創立以来、同窓会は各学部や研究科単位、地域単位、クラブ・サークル単位などで組織され、それぞれが活発に活動してきた。法人化後の2006年、はじめて大学全体の同窓会組織として京都大学同窓会が発足した。各同窓会とゆるやかに連携し、それぞれの活動を支援するとともに、毎年11月にホームカミングデイを開催している。

  25. 2007(平成19年)

    • 京都大学基金創設

      大学全体で寄附を受け入れる総合窓口として、2007年に京都大学基金が開設された。集まった寄附金は積み立てて、基金運営委員会が管理し大学全体で活用する。今まで学生の修学支援や奨学金制度の創設、iPS細胞に関する研究活動等に使われてきた。その後、各部局の申請に基づく特定基金も次々と設置され、特定のプロジェクトを支援するためにも活用されている。

  26. 2017(平成29年)

    • 指定国立大学法人に指定される

      2017(平成29)年、国際競争力を高めることを目的とした指定国立大学法人制度が始まり、京都大学は産官学連携の構築や新しい学術分野の開拓などを掲げた将来構想が認められ、文部科学大臣より指定国立大学法人に指定された。指定により、法人の出資規制が緩和されるなど特例が適用されるようになり、翌年、研究成果の事業化を目的とした子会社、京大オリジナル株式会社を設立した。学内では組織横断的な課題を調整し、ガバナンスを強化するためプロボスト制を導入した。

  27. 2022(令和4年)

    • 創立百二十五周年

京都大学基金へのご寄付のお願い京都大学基金へのご寄付のお願い

人材育成を中心とする記念事業への取り組みや、
未来に向けて“京大力”を磨き続けるための運用原資として、
京都大学基金への寄付を募集しています。

↑↑